« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018.06.27

自分ファースト

まあ、誰しもが自分ファーストなんですが
それの度が過ぎると、困ったもんですね
例えば、宅配便の荷物で、自分の荷物を
特別に
丁寧に、扱ってくれとか
早く、届けてくれとか
特別に、運んで欲しいとか、よく聞きます
世の中、どんだけの荷物が、流通しているのかが分かってないw
数百万個、いや、数千万個の流通の中の
たった1個だけ
特別に扱ってくれるなんて、あり得ないのに
分からない方も多いのが現実です
それを、宅配会社の作り上げたシズテムにて流通してるだけです
不具合があれば、クレームが必ず来るw
と言うことで
宅配便の取次業務って、ハッキリ言って、止めたい
買って頂いた商品のみを、宅配扱いとするべきかと思ってます
他店で、買った米なんて、送りたくないのが本心ですヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.25

選挙とW杯

市長と市議会のダブル選挙がありました
普通の方は、投票に行くだけですが
役があって
選挙の立会人になりました
朝7時から、夜8時までが投票時間
ぶっ通しだと、13時間超え(役所の人も大変だぁ~)
半日づつ交代で立ち合い
私は、後半戦
午後から、夜8時まで
帰ったら20時半
24時から、サッカー観戦w
超長い1日でした
月曜日が、ツライのです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

年金 支給日

今日は、年金支給日のようです
近くの信用金庫、郵便局
午前中に、行こうとしましたけど、人が多くて、車が多くて
時間が勿体なので、断念しましたcoldsweats02
近くのスーパーも車が入り切れない位に、イッパイcoldsweats02
恐らく、年金 支給日に合わせて、特売でもやっているのでしょうネ
恐るべし、年金 支給日です
当店でも、年金払いと言う方がありまして
2ヶ月に1度しか払って貰えないw
今日は、支払ってくれるのか?
もし、ダメなら、また2ヶ月先とかになりますw
現金で買う時は、他店で買って
困った時は、当店で年金払いなんて、始めは、困惑してましたけど
まあ、仕方がないかと、諦めモード
領収書だけ書いて、待つしかないwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.09

コクゾウムシ対策

コクゾウムシ対策に
ゴキブリ用のブラックキャップといのが、効果があると聞きましたので
早速、買ってきて、精米所のアチコチに置いてみました
数日経ったのですが、あまり効果が見られませんweep
置く場所に、左右されるような?

精米機周りは、効果なし
ブラックキャップの中に、コクゾウムシが入れば効果が出るのでしょうが
そんな都合よく、入ってはくれないです
はたまた、ウチにいるコクゾウムシには効かないだけのかも知れませんcoldsweats02
それよりは、ネズミペッタンコの方が、効果があるように思います
まあ、死滅する訳ではありませんが
ある程度は、捕まえるといった効果しかありません
米の虫

人間が生まれる前より、居たんじゃないの?

ゴキブリと同じで、死滅はしないでしょう

米の虫は、米しか食べないので、非常に安全な虫なのかも?

日々、掃除

日々、気を付ける

または、近代的な冷蔵精米所を建設する

それしか、ないのかも?w
それだけやっても、お店の手を離れれば、防ぎようもないのですが・・・
米屋にとって、永久に終らない、テーマです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.06

予想が完全に外れるw

29年産米は、3年連続の価格上昇で大変です
こんな時の為に、生産者との契約で、玄米の仕入れを進めてきましたhappy01
相場に関係なく、いつも同じ価格で、なんて理想じゃないですか!
29年産の場合
ほぼ、価格据え置きできました
予想では、価格高騰の中、高級米との価格差が少なく
割高感がなくなり、今年は、売れるだろうと・・・!
ところが、蓋を開けてみると
価格据え置きの高級米の売れ行きが、悪くてどうしようもない状態に!
なんで???
そして、相場に左右される低価格帯の米ですが
相場上昇を受け、値上げすると、当然、売れ行きは落ちるだろうと予想
ところが、予想が外れすぎて、困ってまったcoldsweats02
出来秋に買い付けた玄米が、早々に完売
しかたなく、米卸に頼むと、半端ない価格
秋に1度値上げしたのですが、再度値上げしないと
商売にならないw
これは、どう言う現象でしょうか?
まったく、今までの経験は、役に立たない年になってしまった
なんとか、持ちこたえて、30年産へ繋ぐしかない
新米期まで、後、何ヶ月・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »