« 秋の花粉症 | トップページ | カード決済 »

2014.10.10

米作りの実態

お客様と話をしていましたら

お米は、各農家のお父ちゃん、お爺ちゃんとかが、

細々と作っているイメージがあるようです

それは、10年とか20年前の話で

現在では、各零細農家が機械を揃えで、各家庭で

米作りなんて、ほとんどしてないのが現状ですって言ったら

驚いておられました

今では、地域の田んぼを守る

プロの大型農家さんとか、

半アマチュアの営農さんや、米作りが好きな人が

その地域の米作りを担当していて

零細な米作りは、ほとんど無いのが現状です

知らなかった人には、驚きでしょうね

農村は米作りで成り立っていました

それが崩壊すれば、当然、村や町だって崩壊します

後、10年位は今のままでしょうけど

その先は、いったいどうなってしまうのでしょうか?

米屋みたいな販売者は無くなっても、何処かが代わりをしますが

生産する農家さんが無くなれば、米自体も無くなります

生産→販売→消費

このサイクルが、狂ってしまったのを

なんとか戻せないのでしょうかネ

誰だって、安い方が良いに決まってますが、原価も出ない価格になると

この先、どうなりまうやら?

来年以降は、大混乱するかも知れません

|

« 秋の花粉症 | トップページ | カード決済 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/60453182

この記事へのトラックバック一覧です: 米作りの実態:

« 秋の花粉症 | トップページ | カード決済 »