« 高級炊飯器 | トップページ | 数十年に一度 »

2014.09.17

26年産「新米らしさ」あり

まだ、少しだけしか入荷がありませんが

西日本のコシヒカリは、青米が多く混じる傾向があります

活き青ですので、精米すれば問題ないというか

青米があるくらいの方が、昔から「美味しい」と言われていました

でも、一般消費者の方は、そんなことを知りませんので

青米のことを、ボロカスに言ったり

クレームになったりします

玄米で流通すれば、青米を見る機会も多くなります

25年産の秋は、この青米が極端に少なく

全体に、刈り遅れ傾向みたいでした

そして、「新米らしさ」がありませんでした

26年産米は、青米も多く、精米して食べる分には

充分に、「新米らしさ」を楽しんで頂けると思います

25年産では、感じませんでしたので

2年ぶりの「新米らしさ」ということになります

瑞々しさ、これが新米の良さです

2~3ヶ月経てば、「新米らしさ」も消え、本当の旨さが出てきます

これは、高級な米のことです

新米時期しか、美味しくない米なんて

大したことない米ですよ、覚えておいて下さい

今日、調理師免許をお持ちのお客様に

夏場、美味しく炊ける方法を試したと報告がありました

同じ、お米が信じれない程、美味しくなると言う報告でした

新米でも、試してみると言ってましたけど

新米に、通用するのかが心配です

①お米を洗って、2時間漬けて置く

②炊飯前に冷水にする(冷蔵庫へ入れておく 又は、氷を入れる)

③炊飯器の高速炊飯で炊く(20分程で炊ける)

たった、これだけで

全然、違います

これは、夏場の話です

新米期に通用するのか?

ちょっと、試したことないですが、興味あるところです

お米の味が、もっとも美味しく感じるのは12~3月頃だと思います

|

« 高級炊飯器 | トップページ | 数十年に一度 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

炊飯器の専門家ではありませんので、原理はワカリマセン、推測では、沸騰までの時間が関係していると思います

炊飯器の、普通炊きモードは

スイッチ→吸水時間+炊飯+蒸らし時間になっていて45分位掛かります

吸水はぬるま湯から沸騰

高速炊飯は

炊飯+蒸らし時間のみです

冷水から沸騰

なので、沸騰までの時間だと思いますが・・・

しっかり、水を吸わせて

冷たい水から

一気に炊くと、何故だか美味しいです

原理はワカリマセン、見つけた人は、凄いです

誰が見つけたのでしょうか?

投稿: 店主 | 2014.09.18 16:41

すいません、早炊きだとどうしておいしくなるんでしょう?早く炊くため火力が増えるからとかでしょうか?

投稿: ion | 2014.09.18 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/60331104

この記事へのトラックバック一覧です: 26年産「新米らしさ」あり:

« 高級炊飯器 | トップページ | 数十年に一度 »