« 怒涛の帰り道・・・ | トップページ | 秋分の日 »

2013.09.21

胚芽精米

ご注文で、玄米を胚芽精米仕上げというのがあります

精米の中では一番厄介かも?

一度に削ってしまうと胚芽が取れてしまうので

2~3回精米機を通して削って行きます

そこで、胚芽が残り易い米と残りにくい米があり

毎年、同じ産地の同じ品種の米が同じようにはなりません

これが、困ったもんで

これから新米期になると、今までのデータはゼロに等しい

また、8分搗きというのもありまして

胚芽精米と8分搗きは、どう違うのか?というと

8分搗きは1回で仕上げてます

理論的には、8分搗きより、胚芽精米の方がお米が白くなる筈ですが

実際には、そうなりません

胚芽が残りにくい玄米を胚芽精米すると、どうしても搗きが甘くなります

と言うことで

胚芽精米と、8分搗きのどちらが白米に近いですか?

と言う質問は!

その年と、使う玄米により、変わってしまって答えが出ません

ちなみに、8分搗きは、1発勝負です

胚芽精米は、多少調整が可能です

24年産の米は、山形つや姫の胚芽が残り易かったですが

25年産は?

丹波コシヒカリ、これが胚芽が残り易すかったです

その他は、今の所、未知数です・・・

玄米30㎏全部を「胚芽精米」とか言うご注文があると

1時間は、タップリ掛かってしまいます

|

« 怒涛の帰り道・・・ | トップページ | 秋分の日 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/58237752

この記事へのトラックバック一覧です: 胚芽精米:

« 怒涛の帰り道・・・ | トップページ | 秋分の日 »