« 何が違うの? | トップページ | 後20円で・・・ »

2013.04.19

玄米の脱酸素パック

玄米の脱酸素パックを、して欲しいとのご要望を頂きました

不可能ではありませんが

10キロだと、1キロ詰めが10コとかになり、1ヶ、1ヶ、が石みたいにカチカチになります

真空パック用袋+エージレス+手間賃+梱包緩衝材等が別途必要となります

それぞれ計算すると、現実的ではありません

それよりも、玄米を脱酸素パックすると、本当に良いのか?という疑問がわく

玄米は、本来呼吸しているものです(微々たる呼吸ですが)

それが、春先の気温となると呼吸も大きくなり、それにより酸化して古米化してゆく

業界では、玄米を低温保管し、少しでも劣化しないようにする努力をします

玄米を脱酸素パックするとどうなるか?

低温保管すれば、問題は起きないかもしれませんが

長期常温保管ですと、玄米は発酵するような状態となり

開封したとき、酸っぱい、スエタような匂いがします

これは、精米しても、炊飯しても取れません

臭いに敏感な人は、食べれないと思います

よって、玄米の脱酸素パックや真空パックは、お勧め出来ません

以前、農家さんが、脱酸素パックとかで、保管された玄米を見たことがあります

確か、○ルパックとか言いましたっけ

それは、酷い状態になってました(その後、その農家さんは、保冷庫を導入しました)

現在販売されている所もありますが、それは虫が付かないとかの理由だけかなぁ?

まあ、品質はどうでも良いのであれば構いませんが

私は、絶対お勧め出来ません

玄米は、低温保管がベストです、家庭では冷蔵庫しかないでしょう

上手く流通業である、米屋さんを利用することです(ナンチャッテ)coldsweats01

上記のことは、あくまでも、玄米のことです

白米でしたら、脱酸素パック、真空パックは、問題ないと考えております

|

« 何が違うの? | トップページ | 後20円で・・・ »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/57205237

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米の脱酸素パック:

« 何が違うの? | トップページ | 後20円で・・・ »