« 秋分の日 | トップページ | 新規お取引 »

2011.09.24

コナギ対策のヒント

23年産の米作りでコナギに苦しんだ人が

知り合いで、今の所、約3名?

その話を

無農薬での米作り20年の方に聞いてきました

除草剤を使って米作りをする人には関係ない話です

消費者、米屋さんにも、関係ないかなぁ

除草剤を使わずに米栽培すると、必ず草類も生えてくる

これは、当たり前の話

簡単に言えば、稲と草類が田んぼの中で生存競争をし

稲が勝てば、米はソコソコ獲れる

草(コナギ)が勝てば、米は大減収

当たり前の話です・・・

稗等は、除草機等であるい程度除草可能

コナギについては、20年間悩んできたそうな

重要なのは、肥料のやり方(元肥)

田植え後、稲の初期成育に必要な養分は田んぼの表面近くに必要

ところが、草類もそれをドンドン吸収するので

どうしても、草類に負けてしまう(稗は除草機で有る程度除去)

稲の初期成育に必要な分だけの養分を田んぼの表面に

稲が大きくなる養分は、田んぼの深いところに施肥すると良いそうな

なんでも、色々な深さへ施肥できる技術があるというのです

稲が吸う深さ、コナギが吸う深さが違うと言うのです

深い所に養分があるとコナギは大きくならない

それが何センチの深さなのか?

どうやって、その深さへ施肥するのかは、企業秘密で言えないそうですが

色々な田んぼで、試してみればプロなら分かる筈ということです

バッチリできれば、コナギは生えてきてもそれ以上、大きくはならない

(イネ科の稗が増えてくる欠点があるそうですが)

コナギ対策は、以上の原理で抑えることが出来るそうです

素人の私も、原理は理解できましたが、米作りはしたことがないので

詳しくはワカリマセン

以上、コナギに苦しむ方へのヒントになれば幸いです

田んぼの表面だけを、見ていてはダメだと言ってました

コナギが生えても、収量が上がっている方は、それが上手く出来ているのでは?

素人が想像しますには、無農薬たんぼは

コナギが多い田んぼは、稗が少ない

稗が多い田んぼは、コナギが少ない

ではなかろうかと想像してしまいます

コナギ対策で、目指せsign01

無農薬栽培、3石獲りsign03

この理想が実現すれば、農家さんにも、消費者さんにも、米屋さんにもメリットは出てくると思います

ご意見、反論はあろうかと思いますが

昨夜見た、夢かもしれませんので、ご容赦下さい、念のため coldsweats01

|

« 秋分の日 | トップページ | 新規お取引 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/52816042

この記事へのトラックバック一覧です: コナギ対策のヒント:

« 秋分の日 | トップページ | 新規お取引 »