« お米がパサパサ | トップページ | 蛇紋岩米へ »

2010.07.10

丹波篠山コシ

丹波篠山コシヒカリ

兵庫県内では、トップブランドです

京阪神地区では、売れ筋だと聞いています

価格面でも、かなり高額なのです

21年産は、7月の長雨の影響もあり

出来は良くはないようですが(青米が多いです)

味は結構良いのです

昔から、青米の混じっている米は、美味しいとされていましたが

それが言い伝えだけで、実感として感じていなかったのですが

21年産は、まさにその通り・・・

青米の多い玄米は、柔らかく、良い香りします

白米・玄米で炊飯しても同様のようです

しかし、お客様の中には、青米が多いとクズ米と勘違いされる場合が多いのも事実

これが原因で返品もありましたっけ ^^;

入荷した玄米袋に書いてある住所を見て

地図で見てみると、青米が多いのは、ほとんどが山裾の日当たりが悪い地区

おそらく例年のお天気だと、昼夜の寒暖差がある所かと

そう言えば、昨年8月に入荷した徳島コシも青米が多い米が美味しかった

福井、奥越前地域のコシヒカリも青米多し

滋賀県の青米が多い米は旨かったし

玄米に青が多くても、自信を持って販売できます

と言うのを実感した年になりました

米屋さんでも青米が多い米はダメ米って判断しない方が良いようです

お米は、

豊作の年も美味しいですが

プチ不作の年も美味しいものです

|

« お米がパサパサ | トップページ | 蛇紋岩米へ »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/48843114

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波篠山コシ:

« お米がパサパサ | トップページ | 蛇紋岩米へ »