« 予約なのに! | トップページ | 21年産の考察 »

2009.10.22

同じお米でも

買い方によって随分と評価が違います

例えば、同じお米を

5kgづつ毎月買うのと

30kgを数袋1年分、まとめて買った場合

前者は、米屋さんの低温保管等の米で、いつも搗きたてなので
安定した食味で召しあって頂けていると思いますが

後者は、保管は常温、精米もめんどうなので
30kg袋を、一度にしまう場合がほとんどです

また、自分が思っているほど、お米の消費が多くない場合がほとんどです

1ヶ月に30kg消費していると思われている方は
大抵は、1ヶ月以上掛かっているのが普通でしょう?!

少なくなってきた時点で、早めに精米をしに行くので

搗きたての状態で食べることがない

従って、同じお米なのに評価がまるで違うようです

これは、お米の見方によります

毎日のご飯を美味しく食べたい

主食なので、お安くしたい

イロイロ、考えはあります

前者、後者、どちらも、リスクはあります

家族状況等を、よ~く考えて買ってください

最悪な買い方は、1ヶ月5kgしか食べない(1人暮らし)のに

お安いからと玄米30kgを買って、すべて精米してしまうことです

こちらでは、こんな方、結構いらっしゃいます

米屋さんも、こうような注文が来れば

精米して5kg袋に5袋+αとかにしましょう

きっと、アチコチ(娘さん、息子さん)へ行き渡り、消費サイクルが増えることでしょう?!

こうやって、消費を増やしましょう?

そう上手いこと行くとは思えませんがネ・・・coldsweats01

|

« 予約なのに! | トップページ | 21年産の考察 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/46551362

この記事へのトラックバック一覧です: 同じお米でも:

« 予約なのに! | トップページ | 21年産の考察 »