« 竈炊きvs炊飯器 | トップページ | 徳島コシヒカリ、第二弾! »

2008.08.19

実るほど・・・

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

Imgp2770



バケツ稲が、そのような状態になってきましたが

この諺には意味もあるそうな!

実るほど頭を垂れる稲穂かな[=頭(あたま)の下がる~]

俳句。詠み人知らず。


稲穂は実れば実るほど穂先を垂れ頭を下げることから

君子は学識や徳行が深まるほど謙虚になるものだということ。

地位が上がっても謙虚に生きなさいという戒(いまし)めです

日に日に、頭が下がってきています

スズメ攻撃は、大したことなく

なんとか、ココまで育ちました

|

« 竈炊きvs炊飯器 | トップページ | 徳島コシヒカリ、第二弾! »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44128/42213435

この記事へのトラックバック一覧です: 実るほど・・・:

» 乱は天より降るに匪ず、婦人より生ず(らんはてんよりふるにあらず、ふじんよりしょうず) [ことわざの窓]
【意味】国が乱れるのは天が下す罰ではなく、為政者が婦人に惑わされて血道をあげることから生じるものである。【所見】ひゃ~!昔から女は魔物なんて言いますから(ご婦人の方が見ていらっしゃったらゴメンなさい(^^;)、こんなこともあろうかと・・・。でも、他のことをほったらかして一生懸命になってしまうぐらい妖艶な女の人に出会ってみたい気もします(^^;。... [続きを読む]

受信: 2008.08.19 21:53

« 竈炊きvs炊飯器 | トップページ | 徳島コシヒカリ、第二弾! »