« コイン精米機とは無関係です | トップページ | 100円自販機 »

2006.11.01

驚いた話です

晴れ~

午後から時間があったので情報収集に
市内の米屋さん、Yさん所へ行ってきました

そこで、驚く話を聞いてきました

今までお得意さんだった方が、昨年来注文が無かったのですが

タマタマ出会って話をしたそうな

客:お米の注文しなくて悪いわネ~

米屋:どうされたんですか?

客:親戚からお米を送ってくるので買わなくて良くなりました

米屋:・・・・

客:新米が出たんでやっと古米になったワ!

米屋:エッ!、今まで古古米だったんですか!

客:そうなの、新米が出たんでやっと昨年産の米を貰ったの・・・

米屋:絶句・・・

私:話を聞いてあきれました

今時、そんな食生活でガマンできるのが不思議で仕方がありません

食味感覚が完全に麻痺しているのでしょうか?

まったく、驚いた話です

聞いた話ですが、作り話ではありません

|

« コイン精米機とは無関係です | トップページ | 100円自販機 »

コメント

宮城のマモちゃん
いらっしゃいませ~

一年遅れのお米を食べ続けるなんて
分かっていて我慢できるもんなんですね

新米の良さは味わえないんですから・・・

投稿: 店主 | 2006.11.02 20:33

お米の保管システムの発達は農家を米の自家販売に導きました。
昔は秋に飯米分を籾で貯蔵し、残りはJA等に販売していたわけですが、今は米専用の冷蔵庫、空調システムにより一年中保存が出来、販売することも可能になりました。
頂いた古米は新米に切り替えるための在庫調整なんでしょうね、お互い、苦し紛れのギブ&テイクなんでしょうけど。
冷蔵庫で保管したものは常温に戻した場合の劣化も早いと聞きます。

販売する側は、一年中美味しいものをお届けしたいと言う気持ちに加えて、それ以上に季節に合った採れたての美味さも伝えなければいけないのでしょうね。

おっと、宮城のマモでした。(゚ー゚)ノ

投稿: denali | 2006.11.02 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚いた話です:

« コイン精米機とは無関係です | トップページ | 100円自販機 »