« 自販機がやられました | トップページ | 立春 »

2006.02.03

塩の話

DSC03194







画像は海水から自然乾燥させて作られた
自然海塩の塩田天日塩「浜菱」です

海水から無添加で、天日で結晶化させた塩

「花菱」じゃないよ!
(だれもそんなこと思ってないか!)

40年位前なら、こちらの瀬戸内地方では
普通に作られていました(昔すぎますなぁ)
姫路の大塩の塩田は記憶にあります

国産では、赤穂の天塩とか伯方の塩なんてありますが
こちらは、天日塩でなく「再生加工塩」なんです
輸入の原塩に、にがり等のミネラルを添加して精製されている塩なんです
だから真っ白で綺麗な塩

一方、浜菱は無添加の為、毎年ビミョーに色が違います
白い色の年もあれば、少し黄色がかったこともあります
(黄砂の影響かな???)

どちらが良いのかは?ですが
自然派志向には「浜菱」でしょうか!

この基準を満たした国産塩となると
粟国の塩
土佐の塩丸
美味塩
小さな海・青ラベル
海の精(青ラベル)
だそうです

塩の話なんて「しおーもない」ですネ ^^;

|

« 自販機がやられました | トップページ | 立春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩の話:

« 自販機がやられました | トップページ | 立春 »