« 耳鼻科 | トップページ | メガネが2ヶ »

2005.09.05

資金繰り

台風の影響で一日雨・・・

お米屋さんの資金繰りってどうなんでしょうか?

私は他所で働いたことがないのでよく分かりません

10年以上前なら利益もあったので
資金繰りは心配しなかったように記憶しています

しかし、ここ10年はいつも苦しくてタイヘンなんです

資金繰りの適切な金額って
売り上げ(1ヶ月)の何ヶ月分なんでしょう?

儲かってる店と、そうでない店とでは当然違うでしょうが

出来秋に仕入れるかどうかでも違いがありますよね

12ヶ月分で1年分秋に買い付けるなんて
到底無理な話ですし・・・

現在のやり方は10年続けていますが
どうも違うような気がします
信用金庫に相談しましたが
お米は季節商品なので今のままで良しと言うしなぁ~

新米の季節は、借金の季節でもあります

私だけか?!

資金繰りっておかしかったか?

運転資金ってことです ^^;

|

« 耳鼻科 | トップページ | メガネが2ヶ »

コメント

昔からお米の取引は現金が普通でしたので
他の業界から見れば可笑しいのでしょうネ

ひどい所は先に集金に来るらしいです

時代遅れの米流通業って言われてもしょうがない!

投稿: 店主 | 2005.09.06 19:00

私は、米屋さんのお仲間に入れてもらったときビックリしたことがあります。
それは「卸」さんです。
「卸」さん、の役割って商品のデストリビューター機能と資金余力サポート(月末切り、10日払いなど)と理解してました。
ところが、ところが。
仕入れは毎度毎度、現金払いで、販売で掛売りが発生する。
一番末端で弱小の部分で資金余力を問われる。
さんざん「おかしい!」と卸に噛み付きましたが、「卸も現金で全農から購入してるので」「昔からそうなので」が返答でした。

今後、卸購入ウエイトは減るでしょうから資金繰りはさらに重要になりますよね。 頭が痛い。

投稿: たるたる | 2005.09.06 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資金繰り:

« 耳鼻科 | トップページ | メガネが2ヶ »